おすすめ小説紹介


by 7ye7dxbrbk
 「どうして覚醒(かくせい)剤のことを“シャブ”と言うか分かりますか」

 東京地裁で26日に開かれた公判。覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪に問われた男性被告(45)と女性被告(43)にそれぞれ懲役1年6月、執行猶予3年の判決を言い渡した後、男性裁判官が証言台の前に立つ2人に問いかけた。

 2人が黙ったままでいると、裁判官は穏やかながらもきっぱりとした口調で続けた。

 「人生をしゃぶられてしまうからです。覚醒剤に人生を支配されてしまうんです。そういう人をいっぱい見てきました。(覚醒剤を)やめるには、よっぽど固い決意が必要なんですよ」

 男性被告は今年3月31日、都内の路上に停車中の乗用車内にいるところを警察官から職務質問を受け、車内から微量の覚醒剤が見つかったため、同法違反の現行犯で逮捕された。その後の家宅捜索では自宅にあったポーチの中からも覚醒剤が見つかったほか、尿から陽性反応が出た同居人の女性被告も同法違反容疑で逮捕された。

 公判の冒頭で、2人はそれぞれの起訴内容を認めた。

 検察側の冒頭陳述などによると、2人が同居を始めたのは平成17年ごろから。ほぼ時を同じくして、「覚醒剤を使ってセックスをすると気持ちよくなるらしい」ということから、ともに覚醒剤を使用するようになったという。

 月々の生活費約30万円のうち約10万円をあらかじめ「覚醒剤代」として決め、男性被告が密売人と連絡を取って購入。この方法で月に5回程度購入し、持ち帰った覚醒剤は2人分に分けて保管していたという。逮捕によって解雇されるまで、2人はそれぞれ首都圏の会社に勤務しており、表向きは通常の会社員と変わらない生活を送っていた。が、実際には頻繁に覚醒剤を使用していたようだ。

 検察官「購入した薬物は何回に分けて使用していたのですか」

 男性被告「1回買った分は1週間…。5回とか6回です」

 検察官「ほぼ毎日使用しているということですか」

 男性被告「はい」

 検察官「(逮捕された)31日も出勤前に軽い気持ちで使っているようだが…」

 男性被告「毎日といっても、毎月必ず5回(密売人から)購入するわけではないので、毎日というわけではありません」

 検察官「違法薬物への感覚がまひしているのではないですか」

 男性被告「そう言われればそうかもしれませんが…。でも、(覚醒剤を)やらない時期は3カ月とか半年とかやっていません」

 「ほぼ毎日使用していた」という検察官の指摘に、男性被告は不満げに反論した。さらに、裁判官とのやりとりでも微妙なニュアンスの違いを強調した。

 裁判官「昨年には芸能人も(薬物事件で)捕まっていましたが、(覚醒剤を)やめようとは思いませんでしたか」

 男性被告「まさか捕まるとは思わなかったので…」

 裁判官「捕まるから、やめるということなんですか」

 男性被告「法的にも、生活の中にそういうものがあること自体良いことではないので、もうやめます」

 裁判官「でもやめられなかったんですよね」

 男性被告「やめられなかったというわけでは…。ちょっと感じが違う。やめなかったというのか…」

 裁判官「覚醒剤をやめるために、これからどうするんですか」

 男性被告「やめます」

 裁判官「あなたはやめようと思ったらやめられるという認識みたいですが、そうじゃないんじゃないの?」

 男性被告「やめます。大丈夫です」

 この後、証言台に立った女性被告も「(逮捕時の)自分の写真を見たら病的で…もう手は出しません」と、男性被告とともに社会復帰を目指すことを誓った。

 判決は執行猶予付きとなったが、言い渡し後に裁判官は「覚醒剤はあなた方が思っているほど甘いものではありません」と切り出し、冒頭の問いに続けた。最後は「もう二度と(裁判所に)来ないように」とクギを刺した裁判官。2人の心にこの言葉が届いていると願いたい。(滝口亜希)

【関連記事 法廷から】
スカウト詐欺繰り返した目的は… 見栄っ張り男の涙
覚醒剤密売人の被告「子供と住もうと」裏家業ズルズル…
カツ丼食い逃げ…ナイフ使い脅した意外な理由
路上で子供を産み捨てた女性被告 無力感漂う法廷
自分だけ成長ない…“焦り”から強盗した元スポーツマン

「被告ではありません」 裁判員裁判の初公判で一転、否認(産経新聞)
<爆発>自販機横のごみ箱、けが人なし 愛知・一宮(毎日新聞)
児童相談所の元非常勤職員逮捕=中2少女にみだらな行為―岐阜(時事通信)
牛丼とジーンズの価格、いくらが妥当か(Business Media 誠)
元警部補ら 放置車両を無断廃棄 知人業者に依頼 大阪府警、書類送検へ(産経新聞)
[PR]
# by 7ye7dxbrbk | 2010-06-02 04:13
 鳩山由紀夫首相は26日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題をめぐり、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が反発を強めていることについて、「連立を維持できるようこれからも協議を続けていきたい。連立はしっかり維持されると考えている」と述べた。

 その上で「現在の朝鮮半島情勢の中で日米の同盟関係をしっかりと維持するメッセージは非常に重要だ。(日米関係)先行ではない。大事にしなければならない」と述べ、日米関係の重要性を重ねて訴えた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

【関連記事】
亀井氏が社民離脱論に「子供みたいなこと言うな」
直嶋経産相が普天間問題で社民党批判「火をつけて回るのはどうか」
福島氏の訪沖に首相が不快感 「いかがなものか」
鳩山首相“言葉の軽さ”反省の弁
米紙「オバマ政権の勝利」 首相の辺野古移設表明
虐待が子供に与える「傷」とは?

口蹄疫被害対策、約81億円補正予算案 宮崎県(産経新聞)
<雑記帳>さいたま市の夫妻がバラ園で結婚式 花仲間が祝福(毎日新聞)
<民主党>公約半分は着手と自賛−−集計(毎日新聞)
<真夏日>群馬・館林で33.4度…全国102地点で記録(毎日新聞)
<シバザクラ>見ごろ迎える 北海道・滝上 (毎日新聞)
[PR]
# by 7ye7dxbrbk | 2010-05-27 10:51
 【ローマ=松浦一樹】ANSA通信などによると、イタリア警察当局は、警視庁が強盗傷害容疑などで国際手配していた国際強盗組織「ピンクパンサー」の一員でモンテネグロ人のラドバン・イェルシッチ容疑者(39)をローマ市内で逮捕した。

          ◇

 日本の警察当局幹部によると、ラドバン容疑者は今月11日、ローマ市内で発見され、欧州で起きた宝石強盗事件に関与した疑いで現地の警察当局に逮捕されたという。

 警視庁は、東京・銀座の宝石店で2007年6月に約2億円相当のティアラ(王冠型髪飾り)が強奪された事件の実行犯として、ラドバン容疑者を昨年2月に国際手配していた。ラドバン容疑者は昨年9月、モンテネグロ国内で公務執行妨害の容疑で逮捕されたが、その後、釈放され、行方がわからなくなっていた。

 日本とイタリアの間には犯罪人引き渡し条約がないため、警察庁は今後、イタリア当局と情報交換し、外交ルートを通じて引き渡しを求める方針。ただ、ラドバン容疑者は欧州各国から宝石強盗事件で国際手配されており、実際に移送されるかどうかは不透明という。

 ラドバン容疑者とともに国際手配されていたモンテネグロ国籍のリファト・ハジアフメトビッチ容疑者(42)は昨年3月、キプロス警察当局に逮捕され、現在はスペインに移送されている。

普天間、現行案修正で協議継続=米、くい打ち桟橋工法に難色か−実務者協議(時事通信)
雑記帳 通天閣ロボ、上海万博に「出張」させて…大阪(毎日新聞)
<パロマ中毒事故>対象製品所有者らに注意 消費者庁(毎日新聞)
<京都地裁>裁判長怒る 「居眠りする人は出ていって」(毎日新聞)
<特別背任>PCI元社長ら 控訴審でも無罪判決(毎日新聞)
[PR]
# by 7ye7dxbrbk | 2010-05-18 12:08
 【ヨハネスブルク高尾具成】南アフリカ訪問中の岡田克也外相は30日、首都プレトリアで、南アのヌコアナマシャバネ国際関係・協力相(外相)と会談。南アへの原子力発電の本格導入に向けた技術協力のため、2国間協定に関する政府間交渉を始めることで合意した。

 南アで開催される国連気候変動枠組み条約第17回締約国会議(COP17)についても協議した。岡田外相は会談後の会見で「南アは経済面で欠くことのできないパートナー。温暖化問題でもサハラ砂漠以南地域のリーダー国であり、(温暖化防止へ向けた)意義ある法的合意を作りあげる上でも緊密に連携していきたい」と述べた。

【関連ニュース】
普天間移設:「岡田外相、微修正で受け入れ」米紙報道
核密約:岡田外相、佐世保で謝罪
普天間移設:沖縄知事、県民大会参加へ 発言を政府注視
岡田外相:ライス米国連大使がイラン制裁決議を説明
岡田外相:国連安保理討論会で議長 日本の外相で初

首相、国の責任認め謝罪…水俣病慰霊式(読売新聞)
【集う】「日本神話の心」伝承の会(産経新聞)
<ルリカケス>陽光に包まれて 奄美大島(毎日新聞)
ショッピングセンターに車突っ込む=客ら7人負傷、79歳の男逮捕−山梨県(時事通信)
都立北療育医療センターで個人情報紛失(医療介護CBニュース)
[PR]
# by 7ye7dxbrbk | 2010-05-07 12:06
 仙谷由人国家戦略担当相が夏の衆参同日選の可能性に言及したことについて、20日午前の閣議後の記者会見で各閣僚から批判が相次いだ。
 枝野幸男行政刷新担当相は「(鳩山由紀夫首相退陣という)仮定が成就しないように今、一生懸命にやるのが閣僚としての立場。仮定が成り立った以降のことを考えたり、話したりしない方がいい」と指摘。前原誠司国土交通相も「首相から任命された閣僚が軽々に、そういった発言をするのはいかがなものか」と疑問を呈した。
 中井洽国家公安委員長は「与党慣れしていない。閣僚が首相の進退とか(衆院)解散に触れることは全くタブーだということが染み込んでいない」と断じ、赤松広隆農林水産相は「選挙を知らない人が言うことだ。ダブル選挙の可能性は1%もない」と語った。
 福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)は「内閣の求心力をきちんと高めて、国民から負託された政治を全力でやるべきだ」と、閣僚の結束を訴えた。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

<自殺>半数が処方薬乱用 指示従わず
母子が死亡、殺人で捜査=市営住宅で−京都府警(時事通信)
老人保健施設で入所者虐待 市も調査に乗り出す方針(産経新聞)
レール間に倒れ無事=女性の上を電車通過−JR東京駅(時事通信)
情報公開法改正に着手=枝野行政刷新相が私案(時事通信)
[PR]
# by 7ye7dxbrbk | 2010-04-24 05:33