おすすめ小説紹介


by 7ye7dxbrbk

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 仙谷由人国家戦略担当相が夏の衆参同日選の可能性に言及したことについて、20日午前の閣議後の記者会見で各閣僚から批判が相次いだ。
 枝野幸男行政刷新担当相は「(鳩山由紀夫首相退陣という)仮定が成就しないように今、一生懸命にやるのが閣僚としての立場。仮定が成り立った以降のことを考えたり、話したりしない方がいい」と指摘。前原誠司国土交通相も「首相から任命された閣僚が軽々に、そういった発言をするのはいかがなものか」と疑問を呈した。
 中井洽国家公安委員長は「与党慣れしていない。閣僚が首相の進退とか(衆院)解散に触れることは全くタブーだということが染み込んでいない」と断じ、赤松広隆農林水産相は「選挙を知らない人が言うことだ。ダブル選挙の可能性は1%もない」と語った。
 福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)は「内閣の求心力をきちんと高めて、国民から負託された政治を全力でやるべきだ」と、閣僚の結束を訴えた。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

<自殺>半数が処方薬乱用 指示従わず
母子が死亡、殺人で捜査=市営住宅で−京都府警(時事通信)
老人保健施設で入所者虐待 市も調査に乗り出す方針(産経新聞)
レール間に倒れ無事=女性の上を電車通過−JR東京駅(時事通信)
情報公開法改正に着手=枝野行政刷新相が私案(時事通信)
[PR]
by 7ye7dxbrbk | 2010-04-24 05:33
 厚生労働省は4月16日、利用料が高いため公的支援サービスを中断した障がい者の近況についての調査結果を発表した。それによると、公的支援サービスを中断した障がい者の6割は、利用料が減額になったことでサービスを再開していることが分かった。障がい者への公的支援サービスの根拠である現行の「障がい者自立支援法」を批判する障がい者支援団体などが、厚労省に実態調査を行うよう求めていた。

 利用料が高いことやサービス内容に問題があるとして、「障がい者自立支援法」は廃止され、「障がい者総合福祉法」(仮称)が制定されることになっている。厚労省はこれに先立ち、障がい者支援団体などの求めに応じて、2006年に利用料が高いことを理由に入所施設や通所施設を退所した1625人の近況を調査した。

 調査結果によると、市町村民税非課税世帯の障がい者の7割前後で、市町村民税課税世帯では約6割でサービスを再開していた。

 サービスを再開していない障がい者の8割は在宅で生活しており、厚労省では「状態が改善されたのではないか」(障害保健福祉部企画課)としている。

 障がい者自立支援法をめぐっては、自己負担比率が過去2回見直され、今年3月末までに利用者の負担額が10分1程度に下がり、4月からは無料化されている。

 「障がい者総合福祉法」については、4月27日から厚労省で本格的な制度設計の議論が始まる。


【関連記事】
27日に総合福祉部会の初会合―障がい者制度改革推進会議
医療体制の在り方など議論―障がい者制度改革推進会議
「障がい者総合福祉法」の議論スタート―改革推進会議
障害者の定義を「社会モデル」へ―制度改革推進会議
障がい者制度改革推進本部が初会合―政府

コンテナ回収作業でトラブル 山崎さん帰還延期も (産経新聞)
泡盛出荷5年連続割れ 焼酎流入など要因
自民、参院選比例代表に中野前衆院議員を公認(産経新聞)
<1Q84>「BOOK3」16日に発売 フィーバー再燃か(毎日新聞)
「平日デート」は難しい? =国会答弁「政」に改善要請−財務省(時事通信)
[PR]
by 7ye7dxbrbk | 2010-04-21 14:45
 任期満了に伴う群馬県みどり市長選が11日投開票され、現職の石原条氏(45)=無所属、自民、公明推薦=が、新人で貸家業の海老根篤氏(62)=無所属=を破り、再選を果たした。投票率は41.08%。

銀閣寺 修復完了(毎日新聞)
北アルプス 「乗鞍スカイライン」除雪作業始まる(毎日新聞)
貸倉庫殺人 不明男女3人を愛知県内で捜索 長野県警(毎日新聞)
省内業務を縮小・中断=強毒型インフル発生時で人員計画−厚労省(時事通信)
<皇后さま>小野竹喬展を鑑賞(毎日新聞)
[PR]
by 7ye7dxbrbk | 2010-04-17 13:23
by 7ye7dxbrbk | 2010-04-12 17:09
 谷垣禎一自民党総裁は31日の党首討論で、「鳩山政権が発足してから今日まで7カ月くらい経ち、政権周辺に色んな不祥事があったということは大変残念なことだ」と鳩山由紀夫首相を批判した上で、首相や民主党の小沢一郎幹事長らをめぐる政治資金問題を列挙して追及した。さらに中井洽国家公安委員長がSP(警護官)を連れずに外出していた問題について「国民の治安を守る国家公安委員長がSPを連れずに夜の町に出て行くことは危機管理上、問題はないか」と指摘した。

【関連記事】
「自立した防衛力必要」 田母神俊雄氏が『田母神大学校』刊行
「持続可能な基地が重要」 普天間問題で米国防総省報道官
普天間移設 首相の無定見は目に余る
沖縄県会議長が宮崎・新田原基地を視察 普天間移設問題で
鳩山首相、普天間移設「最終的に5月末までに…」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<窃盗>ガソリンスタンドで金庫破り 700万円盗まれる(毎日新聞)
親鸞 750回御遠忌前に「鸞恩」くんなどキャラ3体(毎日新聞)
中国電社長、知事らに謝罪=島根原発の点検漏れ問題(時事通信)
高齢者の7割、将来に不安=健康、介護、収入で−内閣府調査(時事通信)
参院のみの押しボタン、隣から手届く場所(読売新聞)
[PR]
by 7ye7dxbrbk | 2010-04-07 12:02
 1991年6月3日に発生し、43人の犠牲者を出した長崎県雲仙・普賢岳の大火砕流で、当時被災した報道関係者のものとみられるカメラ1台が同県島原市で見つかり、国土交通省雲仙復興事務所が26日、同市の雲仙岳災害記念館無料ゾーンで公開を始めた。

 カメラはニコン製の一眼レフFM2。レンズ部分がなく、高温で焼けた跡があり、一部は腐食している。製造番号は「7222463」。

 昨年7月3日に島原市北上木場町の砂防工事現場で作業員が見つけた。災害当時多くの報道陣が取材していた通称「定点」の近くだった。火砕流で犠牲になった報道関係者は16人いるが、所有者は不明。雲仙復興事務所はカメラの所有者、遺族が見つかるまで、カメラと一緒に見つかった無線機、バッグと共に展示を決めた。

 カメラは、土中の毎日新聞社の車の中にあった。取材中に火砕流に遭い死亡した毎日新聞写真部員、石津勉さん(当時33歳)が被災現場で使用していたカメラと同機種。毎日新聞は、発見されたカメラと、石津さんのカメラの製造番号を照合しようとしたが、毎日新聞側の記録が更新されていたため、石津さんのものと確認できなかった。【古賀亮至】

10年度予算が成立=過去最大92兆円−税制改正も、たばこ10月値上げ(時事通信)
エレコム、キー間隔を空けることでタイプミスを減らしたフルキーボード
北ガス、担当者2人に罰金刑=元支店長らは不起訴−14人死傷ガス漏れ・釧路簡裁(時事通信)
【社説検証】生方発言騒動 民主に自浄努力迫る産経、朝日も小沢氏に期待せず(産経新聞)
「特急」と運転士勘違い、京急で駅通過ミス(読売新聞)
[PR]
by 7ye7dxbrbk | 2010-04-02 14:04